サイトーもここにいるよ☆ざくろ曲考察「Cantoras do Radio」編

2月も残すところわずかとなりましたね。


ザクロリアンのみなさん、こんばんは★


お元気ですか??


私は、故郷の福島に帰省したり、

(大好きな大好きな猪苗代湖)

パイナップルを食べたり、

(BGMはもちろんざくろお馴染みのパイナップルプリンセス★)
ひな飾りを出したりしました。

(厳密に言うと、ひな飾りを出すお手伝い)

親方陽子氏の安産を願って、水天宮にも行ってみました(工事中でしたけど、しっかりお祈りしました☆)



・・・でも、ざくろがないとやっぱり寂しーなーーー(´-`).。oO(



7月まで約5ヶ月間のお休みのあいだは、
私は、新曲を準備したり、今までの曲たちの譜面を整理したりしたいと思っています。


お休みの大部分は新曲づくりにあてたいです。



ざくろは、日本生まれの懐かしい曲や、
Sing Sing SingやHello Mery Lou、テネシーワルツなどのアメリカ生まれの曲や、
ブラジル生まれの曲もレパートリーに入れています♪


その中でも最近よく演奏しているのが「Cantoras do Radio」という曲。

編成や構成、リズム(マルシャといって、行進曲のリズムです)がざくろに合うんじゃない!?と、
西荻窪のブラジルショップ「アパレシーダ」オーナーのウィリーさんにヒントをいただいたことがきっかけです。

歌詞がとても素敵だったので、ザクロリアンのみなさんにも知っていただけたら…と思い、和訳をしました。


時々、歌詞の内容のお問い合わせをいただくので、今日はみなさんにご紹介したいと思います☆


“Cantoras do Radio”

Nos só mos as cantoras do rádio
日々に音楽を
夜は子守唄を
朝は目覚めの唄を

※Nos só mos as cantoras do rádio
青く高い空へと
どこまでも重なって
想いは一つ

canto
思い切って歌おう
何かが始まる
顔を上げてたホラ

canto
私の歌で
心の悲しみ
吹き飛ばしましょう



canto
あなたが笑えば
私も笑う
幸せになれる

canto
なんて素敵さ
ちょっとお願いよ
私にも聴かせて




*Nos só mos as cantoras do rádio=私たちはラジオ歌手
canto=歌



この曲をざくろで演奏している動画はないのですが、
原曲をお楽しみください☆
カルメン ミランダさんとお姉さんのオーロラ ミランダさんが歌ったことで有名になりました☆



キュートですねっ。


ちんどん界のピーナッツ、キャンディーズ、そしてミランダ姉妹を目指して
われわれも頑張りますワ☆
 
| あき | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK